読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

50代でサラリーマンを辞めてみる

サラリーマン以外に職業があることにやっと気がついたオヤジのブログ

ハローワーク 職業訓練校受験物語 その2 義務教育レベルがクリアできない?!

前回、1年間の失業保険受給目当てで、

若年層ばかりのコースを見学に行き、

どん引きしてしまった。

 

 

apricot53zzz.hatenablog.com

 

年齢なんか関係ない!

と思っていたが、

熱意がないと、簡単に引いてしまう自分におどろいた。

 

冷静になって興味のある分野を探索。

・・・

 

あるじゃないですかぁ。

植物を扱うこと!

 

これが今の自分、(ひょっとすると、小さい頃から気になっていた分野)

に一番あう、職業としてかかわることになっても、

まったくストレスのない分野だ。

 

はるか昔、大学受験の時も園芸学部を一旦は考えたが、

当時は、今よりももっと金の亡者で、儲かりそうな分野を選択してしまった。

 

ということで、

中高年の受講者が多いコースで、

関連のものを探してみた。

 

あった、あったよ。

ありましたよ。

 

庭園施工管理科

これを受講することにした。

 

手続きは、雇用保険を受給しながら通学する予定なので、

地元のハーローワークで。

 

なんでこのコースを受講する必要があるのか、

職員の人に説明して

願書を提出。

 

・・・

 

筆記試験があるので、

早速過去問をみた。

 

!!!

びっくり。

義務教育レベルで、

国語と数学の問題だったが、

漢字の書き取りがほぼ全滅。。(T_T)

どうしよう。。

 

・・・

 

今、漢字ドリルやってます。笑 

というか笑えない。

 

まじ、落ちるかも。

パソコン文化にどっぷり浸かっていたことを実感した。

 

f:id:apricot53:20170202103622j:plain

 

 

 

 

 

 

住宅ローン 完済した! その後の抵当権抹消手続きで驚いたこと

住宅ローンを完済した。

これで終わりと思っちゃだめですな。

 

借金するうえで、担保をとられてる。

家そのものと土地。

 

登記情報を見るとわかるが、

抵当権というものが設定されている。

借りるときは、金融機関側で手早く手続きをしてくれたが、

完済して、抵当権設定を抹消する時は、

自分でそのやり方を決めなければならない。

 

大きく分けて3通りある。

 

1.金融機関側でやってもらう。

 委任状や手続き手数料が必要。今回は1万5千円で提案してきた。

 当然、関連の税金(2000円程度)はこちらもち。

2.自分で司法書士を頼む。

 金融機関で書類を準備してもらう。

 司法書士費用がかかる。

 やっぱり1万円~1万5千円ぐらいかかるらしい。

 当然、関連の税金(2000円程度)はこちらもち。

3.自分で法務局に申請して手続きをする。

 これも、金融機関側で必要書類を準備してもらう。

 かかる費用は、関連の税金のみ。(2000円程度)

 

なんか面倒な感じがして、他人にやってもらおうかと思ったが、

平日に法務局にいってる時間は山ほどあるし、笑

自分でやることに。

 

・・・

法律用語、なんかわかりにくいなあ。

 

最近の法務局は、登記相談について予約制になった。

とりあえず、法務局のWebサイトから

申請書をダウンロードして、

わかるところを記入して、電話で予約をとった。

 

・・・

 

「どうすればいいですか?」

「金融機関から送られてきた書類全部と、認印でいいので、

 印鑑をもってきてください。」

まあ、時間あるし、間違ってたら、来週また出直せばいいか。

 

・・・

相談窓口の職員の人が一通り書類を見て、

2、3か所訂正が必要な部分が発見された。

やっぱり素人だと難しいのかなあ。。。

 

そう思っていると、

「2重線で消して書き直してみてください。」

「訂正箇所に印鑑を押してください。」

「ここに署名してください。」

「ここに捨印押して。」

 

追加でスタンプを何個か押して、

「はい。では、後ろの窓口で印紙を買って

 このへんに貼って。」

「できたら、③の窓口に提出してください。」

 

????

 

あれれ申請終わっちゃった。

全行程10分ぐらい。

 

問題がなければ、

1週間後に登記が終わって、

書類を受け取りに行けばいいようだ。

 

・・・

これで、1万5千円とるのか?

まあ、普通の勤め人は平日に法務局行くこと自体、敷居が高いけどね。

絶妙な価格設定がされている。

 

自分の場合は、

引っ越してないし、

金融機関側の法人がきちんと存在していたので、

簡単だったようだ。

特殊ケースだと、追加で準備する資料が必要とのこと。

 

まあ、

めでたしめでたし。お疲れ様でした。

 

f:id:apricot53:20170201115408j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハローワーク 職業訓練校受験物語 その1 早速洗礼を。。

ハローワークに行ってきた。

再就職のために、まずは職業訓練校を受験することにした。

 

apricot53zzz.hatenablog.com

 

職員の人に相談すると、

見学会を勧めるので、いってきました。

・サインディスプレイ科 (年齢制限なし 1年 授業料有料 12万円程度)

 

通っている間は(約1年)失業手当に相当する部分が受給できるし、

(自分の場合は通常受給だと最長でも150日分)

技術も身についていいなあ。

しかも公式な学生証も発行されるし。(1年以上のコース対象)

と、安易な発想で行ってみた。

 

!!

すげえ、生徒がみんな超若い。

しかも、いっしょに見学会に参加した人たちも。

怖気づいていけないが、

みんな就職のために必死に取り組んでいた。

はっきりいって気迫負け。

 

在校生の人と目があうと、

「おっさん、覚悟は決めてんだろーな!」

と無言の圧力。(妄想モード)

見学に来た人たちには無視されるし。(完全に妄想モード)

 

一部のネットの書き込みを鵜呑みにして

もっとゆるいところだと思っていた。

 

ごめんなさい。ごめんなさい。

おじさん、安直でした。笑

 

講師の人に、

この業界の実情、

特に50代の再就職について聞いてみた。

 

時々、50代の生徒がいるそうなのだが、

就職は相当苦労するようだ。

業界の求めている人材とまったくマッチしないらしい。

 

こんな状態で、真剣な若い人たちと1年間付き合っていけるのか??

ごめんなさい。

おじさん、安直でした。笑

やっぱり金にめがくらんでる。甘かった。

 

反省して、

どんな条件だろうが、

自分の熱意が萎えない分野を真剣に考えることにした。

いまさらですか!

 

f:id:apricot53:20170128051426j:plain