読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

50代でサラリーマンを辞めてみる

サラリーマン以外に職業があることにやっと気がついたオヤジのブログ

就職してみると その2

何年かのんきにやっていると

やっと周りが見えてきて

仕事の楽しさを覚えるようになってきた。

 

長いサラリーマン人生

適当にやっていても

一度ぐらいは自分にあった仕事に巡り合って

うまく波に乗れる時期がくる

 

人間うまくいきだすと

調子にのって欲がでてくるものだ

一人前に昇進のスピードが気になってくる

 

「なんであいつが上がって オレがそのままなんだ!」

「はやく課長にしてくださいよぉ」

 

あと自分の仕事を邪魔するものを

徹底的に非難するようになる

 

「窓際のあのおっさん、何やってるんですか?」

「課長、こいつ いつも遅刻してます こんなやつと仕事できないですよぉ」

「まともな体制が組めないとまずいですよ 何とかしてください」

「予算とか気にしてる場合ですか お客さん困ってるじゃないですか」

 

ふりかえると

このころが一番仕事を楽しめたような気がする

ようするに調子に乗っていた

 

念願かなって課長(いわゆる中間管理職の一番下っ端)

になってみると。。

 

f:id:apricot53:20161026081000j:plain