読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

50代でサラリーマンを辞めてみる

サラリーマン以外に職業があることにやっと気がついたオヤジのブログ

アフロ

「50歳、夫なし、子なし、そして無職・・・

 しかし、私は今、希望でいっぱいである」

(帯コメントより)

 

なんじゃこの本!!

気になるキーワードでいっぱい。

早速、立ち読みと思ったが、

目次を読んだ次の瞬間には

レジで会計が終わっていた。

絶対買い!

 

魂の退社

魂の退社

 

 

日本の会社社会の仕組み、

実際に退職に至るまでの話、

「仕事」と「会社で働くこと」の違い、

なんか自分のこととすごく重ね合わさってきた。

 

著者の稲垣えみ子さんは

朝日新聞編集委員だった方だが

50歳にして会社を退職されたそうだ。

 

それまでの朝日新聞社での活躍はすばらしいもので、

メディア等にもひっぱりだこな謙虚で実直で優秀な方ですが、

能力いまいちの自分にも十分共感できる本を書いてくださった。

 

稲垣さん、ありがとう!

 

「仕事を再定義する」

「会社よありがとう、そしてさようなら」

のフレーズは心に刻み込まれました。

 

エピローグの

「無職とモテについて考察する」

やられちゃいました。

本当にありがとうございます。

なんか、また涙でてきた。

 

f:id:apricot53:20161029134051j:plain