読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

50代でサラリーマンを辞めてみる

サラリーマン以外に職業があることにやっと気がついたオヤジのブログ

まわる まわるよ 会社は まわる

先ほど、上司と会ってきた。

 

「1か月たっても、気が変わっていないのであれば、

 仕方ないですね。」

「退職願 渡しておきます。」

「了解しました。次の手続きはまた連絡します。

 最終日まで有給休暇でいいですね。」

「はい。」

 

雑談はいろいろしたが、

退職関連は、このやり取りで終了。

あっさりしたもんだ。

遅くとも来年の1月中旬には退職の運びとなる予定。

 

ちょっと前に、なぜ慰留されたか分析してみたが、

 

apricot53zzz.hatenablog.com

 

 はっきり言って考えすぎ。

1.急に相談されたら、1か月ぐらい時間を与えて冷静になってもらう。

2.それでも退職の意思表示があれば、トラブルがないように事務手続き開始。

ぐらいのやり方だったようだ。

 

ブラック企業の対応がマスメディアで取りざたされているので、

退職者への対応はコンプライアンス上、一層慎重になっているようだ。

 

こんな丁寧な扱いひさびさだなあ、、と感心したが、

私が気が変わって戻っても、意志が固く辞めることになっても

どっちでもいいように、

この1か月で組織内の体制は整えていたようだ。

 

ろくに引き継ぎもせずに、1か月休んでしまったが、

業務は滞りなく進んでいるらしい。

「自分がいないと会社がまわらなくなる!!」

と思っているみなさん、

大きな勘違いかも!! ですよ。

組織の自然治癒力を見せつけられました。

 

心のどこかで

「いなかったので、この1か月、大変でしたよ!」

の一言を欲しがっていた自分自身に笑ってしまった。

会社のため、人のため、ほぼ無意味だった。

自分がやりたいことをきちんと見極めなかったことを反省。

 

相談されがちな人、

便利屋になってませんか?

「みんなに断られたから頼みに来た。」

特殊技能保持者ならともかく、

サラリーマンの日常業務でそんな頼み事、聞いちゃだめです。

 

自分の場合は社内ババ抜きのカモにされてるだけだった。

人それぞれ事情があるので、

会社を辞めてまで意志を表現することはないと思いますが、

いやなものはいや!できないものはできない!

ときっぱり断りましょう。

 

何の話でしたっけ? 笑

 

ともかく、無事に辞められそうです。

。。。

・・・

???

 

何やりましょうか?

決めてなかったのかい!

とりあえず失業手当でももらってみますか。。

 

 

f:id:apricot53:20161117145126j:plain

 

これカモじゃなくて アヒルだろ?