読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

50代でサラリーマンを辞めてみる

サラリーマン以外に職業があることにやっと気がついたオヤジのブログ

退職の理由を次から選べ 10択

「退職の理由どうしましょうか?」

なぜか上司から質問された。

 

???

 

先日提出した退職願の書面上は

「一身上の都合により」

だ。

 

ネットで

”退職願 例文”

と検索するとたくさんのサイトがヒットする。

 

失業手当の受給条件が大きく異なるので、

会社都合、自己都合の区別をきちんとしておこう!

みたいな説明があるが、

今回の場合は、明らかに自己都合で、

いまさら理由についてどうこうするつもりもなかった。

 

しかも、

どうやら法律上は詳しい理由を記述する必要もないらしい。(調べてません。。)

 

???

 

「退職の理由どうしましょうか?」

なぜか上司から質問された。

 

腑に落ちず、逆になぜ理由が必要なのか、

こちらから質問してみた。

 

なんと、

部下に管理職の定年前の退職者がいると

報告書を出さないといけないらしい。

しかもたくさん。

  ご迷惑おかけしてます。。

 

そこで、今日のお題の

退職の理由を次から選べ 10択

になるのだが、

 

報告書上の選択肢で

10個ほど退職理由があって、

今回のケースはどれに近いか

確認したいとのことだった。

 

そんな内部の報告資料、適当でいいのに!と思ったが、

行き違いがあるといけないので、聞いてきたみたいだ。

 

そこで、

こっちも、まじめに考えてみた。笑

 

更年期障害で体調がなかなか安定しない。

・やっぱり体力のあるうちに好きなことをやりたい。

・しばらく新しい専門性をみにつけるために、長期の休みがほしい。

・新しい仕事をはじめる準備期間が欲しい。

・住宅ローン完済の目途がついた。

・まあ、そこそこの貯えもできた。

東京オリンピックにかかわる仕事がしたいので今のうちから準備がしたい。

・自分の実力からすると、もう十分な報酬をもらった気がする。

・奥さんの機嫌がいい今がチャンス!

 

だんだ支離滅裂になってきた。

こんなの総合的に判断して決めることなのに。

 

!!!

 

しかし、

理由なんて10個もよく分類できるなあ。

みなさん、思い浮かびますか?

 

1.転職

2.隠居

3.健康上の理由、死亡

4.就学

5.起業

 

このぐらいかなあ。

他にどんな理由があるのだろうか?

 

人事部さんお疲れ様です。

10個も分類があって、退職者分析レポート完璧ですね!

ポートフォリオとか作ってそう。

 

しかも、上司がこっそり教えてくれたのだが、

書く理由毎に添付の書類がいろいろ違うらしい。

 

「自分の場合は、長い目でみると最終的には起業するかもしれないので、

 ”起業”でいいですよ。」

「それだと、なんか追加の資料がめんどくさいんだよ。。」

   ??なんだ自分のために聞いてきたのか?

「じゃあ、こんなことで迷惑かけたくないので、

 内部資料だけの話なら

 健康上の理由でいいですよ。実際に調子悪い時あるし。」

 

なんかちょっと感じ悪いやり取りになってしまった。笑

 

ともかく、

退職に際して、分厚い報告書が必要なのは初めて知った。

 

競合他社に行ったり、やめてからマスコミに変な情報流したり、

いろいろ悪さする人たちもいる世の中なので、

人事の関連部署が慎重になっているのでしょうね。

 

退職理由かあ、、

やっぱりいろいろなことが積み重なっての判断なんだけどなあ。

退職理由について10択とかの分類をする会社の体質が

自分に合わなくなってしまったのかもね。

 

ともかく後をだいぶ濁してるみたいだ。

関係者の皆様、ホントにご苦労様です。

 

f:id:apricot53:20161122132251j:plain