読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

50代でサラリーマンを辞めてみる

サラリーマン以外に職業があることにやっと気がついたオヤジのブログ

日本酒を楽しむ会

昨日、地元の地域活性化委員会の主催するイベントで

酒屋さんの自宅2階を会場とした日本酒を楽しむ会に参加してきた。

 

地域活性化のプロジェクトのひとつだったのだが、

主催者の方が30歳ぐらいの人だったのに驚いた。

小説家をやりながら、地域活性化委員会の委員長しているらしい。

 

それこそ、いったん会社をアガッタおっさんが

趣味でやるようなことを

仕事と絡めて気位高く取り組んでいるのが、

意外だった。

 

これからの若い人の一つの就職の形を

体現しているのでは?と、はっ!とさせられた。

小説家になったのも、入り口は電子出版だそうでネットの力を再認識。

 

その彼が、

地元でこだわった酒屋を経営してる50代ぐらいの店主と

40代ぐらいの地元の料理研究家とを従えて、

日本酒に関する関連イベントを

熱意をもって実施している姿を目の当たりにして

「こりゃー、おっさんもがんばらにゃ!」

と元気をもらってきました。

 

蔵元の取材も、

ネットで情報収集して、はい!おしましい、というものではなく、

きちんと自分自身の足で稼いだ情報を提供してくれた。

 

ふるまってもらった日本酒は

山形の酒蔵(正社員5人ぐらい?)の

こだわった酒で、これまたすばらしい味のものでした。

 

6年ぐらいはすごくまずい酒だったのが、(蔵元本人が言ってる!)

社員全員で、ブランディング、味の方向性、ラベルのデザイン、

等々、時間をかけてテコ入れして蔵を立て直した実績のあるお酒だそうだ。

 

「仕事」というものの本質にちょっと近づいた気がした一日になりました。

 

 

f:id:apricot53:20161126055732j:plain