読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

50代でサラリーマンを辞めてみる

サラリーマン以外に職業があることにやっと気がついたオヤジのブログ

定年 誰が決める?

就職に苦労した30代後半独身女性(元部下で今は別の会社に勤めてる)

に会社を辞めることを報告した。

 

前触れがなかったので、ちょっと引いていたが、笑

自分自身のこととして、

福利厚生のしっかりした今の会社も捨てがたいが、

やはり最後は定年のない職に就きたいと言っていた。

独身ゆえの考えかもしれないが、

定年というものにかなり疑問をもっているようだ。

 

あらためて、、

仕事を辞める年齢について誰が決めるのか?

 

「規定によりあなたは明日から同じ条件では働けません。」

こんなこと言われたらちょっとショック。

成果主義ってなんなんだ?同一労働同一賃金ならその延長線上として

定年廃止が筋ではないか?

 

医薬品メーカがスポンサーの健康啓蒙番組で

胃の疾患のことを特集していたが、

定年退職して仕事を辞めたとたんに、

胃の調子が悪くなった60代の男性が出ていた。

なんか矛盾を感じる。

 

55歳役職定年

60歳定年

65歳まで再雇用制度(単年度契約 総労働時間の上限あり 給与の上限あり)

65歳以上はご自由に(会社は、面倒みませんよ!)

 

今は、こんな感じの会社が多いと思う。

 

??

仕事の辞め時を他人に決めてほしくないなあ。

やっぱり腑に落ちない。

パフォーマンスが落ちてくれば給与に反映すればいい話だし。

引き際は自分で決めたい。

 

・・・

 

やっぱり、ずっと続けられる職に就くことにします。

それまでの準備をしないと。

単純な職探しではなく、

80歳でも現役前提の職めざして、この10年はネタの仕込みにします!

このタイミングで会社辞めてよかったかも。

 

f:id:apricot53:20161214112724j:plain