読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

50代でサラリーマンを辞めてみる

サラリーマン以外に職業があることにやっと気がついたオヤジのブログ

規約型企業年金 脱退一時金

退職時にいろんな書類を提出したが、

 

 

apricot53zzz.hatenablog.com

 

 

規約型企業年金の支払いがやっと実行された。

自分の場合は、全額即時払いを選択したのだが、

退職してから1ヶ月半かかった。

退職金の28%を原資にしてるので、

昔なら、退職の一部としてもっと早く支払われていたものだ。

 

通知が来た時に

日本生命保険相互会社」の名前できたので、

一瞬、何かと思ったが、

事務代行会社として、

企業年金ビジネスサービス株式会社」

となっていた。

 

これも業界と官僚で作った仕組みなのかなあ?

よくわからないうちにいろんなことが勝手に動いている。

無知ってこわい。

 

ともかく無事に退職手当が全額振り込まれた。

形式上、分割払いになっているのだが、

所得税地方税は、きちんと合算して再計算されていた。

控除額はそこそこあったのだが、

早期退職で勤続年数が若干少な目なせいか、

税額が思っていたより多かった。

もうちょっと減税してほしいなあ。

 

使うあてがない場合は、

あせってもらうよりも、

年金型にしてもらった方がいいのかもね。

本人の収入額によっては、節税にもなるようだ。

 

年金型にすると、

受給期間を、10年、15年、20年から選べる。

1点、腑に落ちない点があって、

最終の受け取りが65歳を超えるように

受給期間を設定しないといけないらしい。

おのずと、55歳未満の人は、

「10年」、の選択ができないのはなんでだろうか?なんか複雑だ。

中途半端な平等主義を感じてしまった。

 

自分の場合は、なんの計算もなく、一時払いにしてしまったが、

こちらから頼まないと

年金型にした場合のシミュレーションはやってもらえないようだ。

国民サービスとしては、レベルの低いものになっている。

 

・・・

 

愚痴はこれぐらいにして。

さて、退職金どうしましょうか?

株とかにつっこんでみようか、迷ってます。

銀行や信用金庫の退職金運用プランとか

だれか運用の仕方、教えてください!

 

f:id:apricot53:20170214113042j:plain